高認からの早稲田大生が送る大学受験の勉強法。センター政経100点を取った政経の勉強法など、文系3科目の勉強法を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ人気ブログランキングへ
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早稲田大学法学部に合格した知人の体験記

元々現役で青山学院大学に合格してそこに通っていた彼は、仮面浪人して早稲田大学法学部に入学してきました。

経済学部に在籍していた彼は経済学部の勉強にどうしても興味を持つことができず、迷った末に最も興味のあった法学部への仮面浪人による再受験を決意したそうです。

早稲田大学の政治経済学部や商学部、社会科学部や慶応大学法学部・商学部も受験したそうですが、それらには残念ながら不合格だったとのこと。(特に慶応では小論文が全然書けなかった。)


【英語】
英単語は『単語王2202』を使用し、英文法は『ネクステ』を使用。

まずはこれらを確実に自分のものとするのが大事。

『ネクステ』だけでは不安が残るのであれば、『解体英熟語』も使えばよい。

量が多いので焦る事もあるかもしれないが、半年や1年の時間があれば十分覚えられるので、焦ることなくじっくり・しっかり覚えよう。

英文読解については、『基礎英文解釈の技術100』をこなせばまず問題はない。読解方法を学んだ後は、過去問演習や『やっておきたい英語長文500』『700』などの長文問題集で、自分の好みやスタイルに合わせてガンガン解けばよい。

英作文については、他の体験記や私の体験記にもあった『大矢英作文講義の実況中継』がオススメとのこと。意外と細かい所まで語句の使用法などが載っている。

【日本史】

日本史については、現役時代に代々木ゼミナールの単科で土屋文明の「コンプリート日本史」をとり、そこでのアドバイスに従った上で、
秋から過去問も始めていたそうです。

【現代文】

こちらについては、仮面浪人時代に代々木ゼミナール単科、酒井氏が担当している私立大対策の「早大現代文」を受講していた。

他には『用例でわかる 現代文重要キーワード』漢字元』で細かい穴を埋めていった。


【古文】

古文単語は『古文単語FORMULA 600』を使用。(しかし私(ゆっさん)的にはやはり『古文単語ゴロ565』をおすすめしたい)

現役時代に代ゼミの単科で、漆原の「うるトラC」を受講していた。

【漢文】

ノータッチ(無勉)。

【学部別対策】
書店で過去問や青本を眺めて見ればよくわかるのですが、早稲田大学の英語の出題形式は学部によって大きく差があります。

社会科学部であれば、英語の文法問題や会話形式の問題が4割程度もあったり、法学部であれば英文読解が全体の6割以上を占めていることもあります。

なのでひたすら各分野の参考書をこなすだけではなく、各学部の出題形式に特化した対策をするために過去問の研究を行うべきです。

とはいっても、例えば全学部の10年分の過去問研究をする時間なんて受験生にはそうそうありません(あるなら別ですが)。

なので赤本や青本一冊分で問題の傾向を確認し、自分のウィークポイントを「確認」しておくとよいでしょう。

本格的に過去問の傾向対策に取り組むのは、秋くらいからでよいのではないでしょうか。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。