高認からの早稲田大生が送る大学受験の勉強法。センター政経100点を取った政経の勉強法など、文系3科目の勉強法を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ人気ブログランキングへ
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

合格までの体験記5

6月中旬から7月下旬の英語の勉強法です。

6月の中頃には、文法と読解の力はある程度付いてきたと感じてきました。

なので7月一杯までに試験問題を解いていける力をつけようと、レベルをどんどん上げて行きました。
英文読解は、『ポレポレ』に続き『英文速読のナビゲーター』で英文を読むスピードを上げるトレーニングをしました。速読の仕方のトレーニングにはなりましたが、目新しい事は特になかったので6月末までに3周程して次に進みました。

西きょうじは参考書の中で書く必要もないのにちょこちょこ自分の考えを入れてくるので、私はそれを好きになれませんでした。

けれど英語の読解法を教える教師としてはなかなか素晴らしかったです。この人の参考書はかなり出来が良く、英語を読むための方法論というものがあるんだと教えてもらえました。この方法論で以後難しい英文とでくわした時も、時間がかかってもある程度は読むことができたし、そうでなくても、解説を読めばきちんと理解できるようになりました。


次に英作文です。英作文の対策を始めたのも6月と7月です。

早稲田には英作文を出す学部があるので、文法の基礎ができた所でそろそろ英作文を始めて行かなければと思いました。

前年に『大矢英語読み方講義の実況中継』の著書をいいなと思っていたので、同じ著者の『大矢英作文講義の実況中継』から始める事にしました。こちらもとても読み進め易く、英語を読むだけではわからない英作文の基礎とポイントを指南してくれて、予備校に通っていない私にはまさに福音といえる程役に立った英作文の入門書でした。

英作文を進めるにあたっては英文法力の更なる強化と、良質な英文の例文暗記が必要です。

なので英文法に『全解説頻出英文法・語法問題1000』と、例文暗記に『英作文基本300選』を並行してやり始めました。

全解説頻出英文法・語法問題1000』と『チャート式基礎からの新総合英語』は、基礎レベルの文法力だった私を早稲田受験レベルまで一気に引き上げてくれた最高の良書でした。ボロボロになったこの2つは今でも大事にとってあります。

『英作文基本300選』は当然CDを使って何度も聞き返し、シャドーイングや書き取りも何度もやりました。単語帳として使っていた『DUO 3.0』も英作文に役立ったと思います。


次は6・7月の国語と政経の勉強です。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ人気ブログランキングへ
チャート新総合英語そんなにいいんですか。。。。



買ってきます( ̄▽ ̄;)!!!!
[ 2010/05/21 17:04 ] [ 編集 ]
私の場合は、イラストが多い楽しい系(?)の参考書よりマジメでガチガチの参考書の方が好みだったので、チャート式はまさにツボでした。

他が良くなかったというわけではないです。
フォレストやデュアルスコープなどの他の総合英語もなかなか良いと思いました。
逆にチャート式が嫌いって言う人もいるのではないでしょうか。
総合英語をいくつか買って見比べて、気に行ったのを使えばいいと思います。
結局は好みの問題で、あとはやるかやらないかです。
[ 2010/05/21 19:21 ] [ 編集 ]
そうですよね結局はやるかやらないかの問題ですよね(>_<)
[ 2010/05/21 21:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。